名前を書くだけで遺産分割協議が完成!
サンプル分割協議書をダウンロード!
用意するのはボールペンと実印だけ!
簡単! 相続・遺産分割協議書
お問い合わせ  TEL:0792-53-8182 / FAX:0792-53-8183
ホーム
離婚協議書のサンプル
自分で作る遺産分割協議書
家を相続人で分ける場合
預貯金を相続人で分ける
場合
思わぬ財産が見つかった
場合
相続人に未成年者がいる
場合
遺産分割協議書の弱点
遺産分割協議書の作成
依頼の前に
依頼の手順
準備するもの
費用
全額返金保証
よくあるご質問
作成のお申し込み
相談
相続人・財産調査の申し込み
当サイトについて
事務所について
免責事項
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記
 
HOME > 自分で作る遺産分割協議書
自分で作る遺産分割協議書
遺産分割協議書とは、家族が亡くなり、遺産を分ける相続人が何人かいるときに、どのように分けるかという取り決めを書面にしたものです。
遺産は「法定相続分」という法律で分け方が決められていますが、実際には土地や預貯金をきっちりと分けるのは難しいことです。誰がどの遺産について権利を持っているか、ということを、相続する家族みんなでにきちんと話し合って遺産分割協議書を作っておくと、後で問題が起きたりもめたりするのを防ぐことができます。
■ 家を相続人で分ける場合
家を相続人で分ける場合、協議書への書き方に特別な決まりがあります。家については、一般的な住所ではなく、権利書にある通りに書いていきます。木造2階建、といった細かいこともきちんと書くのが、遺産分割協議書のルールです。
こちらの遺産分割協議書をダウンロードしてください。
EXCELファイル形式…16KB
ワードファイル形式…20KB
PDFファイル形式…24KB
 ※pdfファイルを見るにはAcrobat Readerをダウンロードしてください。
■ 預貯金を相続人で分ける場合
預貯金を相続人で分ける場合は、金額のほかに、それが預けられている金融機関名と口座番号も書いておきます。故人の口座から実際に引き出しをするときに、金融機関名・口座番号がきちんと書かれた遺産分割協議書が必要になります。
こちらの遺産分割協議書をダウンロードしてください。
EXCELファイル形式…18KB
ワードファイル形式…24KB
PDFファイル形式…35KB
 ※pdfファイルを見るにはAcrobat Readerをダウンロードしてください。
■ 思わぬ財産が見つかった場合

遺産分割協議書の最後には、協議が終わったあとで貯金が出てきたりしたときに、誰がその遺産を受け取るかを決めておくと安心です。分割協議がやり直しになると、一度分けた遺産をお互いの都合で譲ったり交換したりしたことになり、贈与税がかかってしまうのです。

もし見つかった遺産が大きなものだったときは、もう一度協議をやり直したほうがいいですが、できるだけそういうことのないよう、故人の財産はよく調べてから協議してください。

こちらの遺産分割協議書をダウンロードしてください。
EXCELファイル形式…17KB
ワードファイル形式…22KB
PDFファイル形式…28KB
 ※pdfファイルを見るにはAcrobat Readerをダウンロードしてください。
■ 相続人に未成年者がいる場合

相続人が未成年者の場合は、代理人をたてることになります。普通未成年者の代理人は親になりますが、遺産分割協議では親が代理人になると問題がおきてきます。例えば、お父さんが亡くなると相続人は奥さんと息子さんですが、息子さんが未成年だったときに親が代理人になると、奥さんが遺産を独り占めすることになってしまいます。こうしたことを防ぐため、未成年者の代理人は、親以外の大人を選んでおきます。
代理人が必要になりそうなときは、裁判所に「特別代理人選任申立書」を提出します。手続には1、2ヶ月かかりますので、早めに提出しておいてください。
こちらの届出用紙をダウンロードしてください。

PDFファイル形式…27KB
 ※pdfファイルを見るにはAcrobat Readerをダウンロードしてください。